近くが見えにくくなる前に

メガネ

進行速度を遅らせる

近くが見えにくくて困るという症状のことを「老眼」と言います。これは、年齢を重ねるにつれ、目が衰え調節機能が上手く機能しなくなって起こる現象です。老眼は病気ではないので誰にでも年齢と共に訪れるものです。老眼が始まるのは大体40歳ころからで、この頃からピント調節が低下し、見えにくい症状の人が増えてくるといいます。誰でも通る道ではあるが、できることなら進行を送らせたり、予防法があるなら実践したいところです。食生活を意識してみてください。ルテイン入の食材は抗酸化作用があり、老化防止に繋がります。ルテインが多く含まれているのは、ブロッコリーやほうれん草です。また、アントシアニンは、視力をアップさせたり眼精疲労を取ってくれたりする作用があります。アントシアニンが入っている食材はブルーベリーや黒豆です。他にも老眼の症状を抑えるのに効果的だとされている食材はたくさんありますので調べてみるのもいいかもしれません。トレーニングで目を鍛える方法も有効です。筋肉が衰えてしまった目を鍛えれば、視力が上がる可能性があります。これと同じように調節機能を鍛えて、ピントを合わせやすくするトレーニングをしてみるのです。瞬きを意識的に行い、目を強く閉じて、目を大きく見開いく動作を繰り返す運動をします。眼球だけをぐるぐると見回すようにして動かす運動も良いです。遠く、近くを繰り返しピントを合わせる運動などをするのも良いです。これらを試すと目の回りの血行が良くなり、目の疲れの症状が改善されやすいです。食生活も目のトレーニングも続けられるように、自分に無理しないペースで生活の中に組み入れ、老眼予防をすることをお勧めします。

Copyright© 2018 老眼の症状に悩まされる前に【定期的に眼科検診を受ける】 All Rights Reserved.