見えにくいと感じたら

男性

目に優しい生活を

近くの細かい文字が見えづらくなる、老眼。老眼は新聞や、本、商品に貼ってある表示などが見えにくくなり、少し暗い所で字が読めない、少し遠ざけて見ないとピントが合わなくなるなどの症状が出てきます。一般的に40代から目の老化が始まるといわれており、早い人では30代後半から老眼の症状が現れます。老眼の症状を引き起こす原因は、目の中にある水晶体という組織が、老化によって健全に機能しなくなることにより引き起こされます。水晶体はカメラのレンズのような働きをする組織で、近くのものや遠くのものにピントを合わせる役目を担っています。近くのものを見るとき、毛様体小帯という筋肉が緩み、水晶体の厚みが増してピントを合わせるのですが、加齢とともに水晶体が固くなり弾力が無くなってくるので、厚みを調整しづらくなりピントが合わなくなって、近くのものが見えにくいという症状が現れます。予防として口コミなどでいわれるのは、目に良い食材を体に摂り入れる事です。水晶体にもともとあるルテインは、ほうれん草やカボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれます。目のピントを合わせるのに必要なアスタキサンチンはサケ・カニ・イクラなどに、目の疲れを和らげるビタミンB1やビタミンCはうなぎや豚肉、フルーツから摂取できます。食べ物からバラン良く摂るのは難しいので、サプリメントなどを加えながら上手に、長く続けることが大切です。眼球をぐるぐる回す運動や、遠くや近くを見る運動、疲れたら目を休ませるなどや、紫外線対策も有効です。紫外線による、活性酸素は水晶体の硬化を早めるといわれており、UV加工のサングラスや帽子などで、紫外線から目を守ることが老眼予防に効果的だと言われています。

Copyright© 2018 老眼の症状に悩まされる前に【定期的に眼科検診を受ける】 All Rights Reserved.