加齢による目の変化

メガネ

近くにピントが合わない

老眼は、加齢とともに近くのものがぼやけて見にくくなる現象です。近点(はっきりと見える一番近い点)は20代から徐々に伸び始めていますが、手元の本やスマホなどが見えにくいという明確な自覚症状が出るのは、個人差はあるもののおおむね40歳程度とされています。老眼は年齢と共に進んでいき、60歳頃に進行が止まりますが、最終的に近点は100cm近くにまで達し、老眼鏡などで矯正しなくては日常生活にも影響が出るほどです。目の中には「水晶体」といってカメラのレンズに相当する部分がありますが、これには近くを見るときには厚くなり、遠くを見るときには薄くなることで光の屈折を調節し、網膜の上にはっきりとした像が結ばれるようにする役目があります。水晶体の厚さを調節しているのは周りについている「毛様体筋」という筋肉ですが、これは年齢と共に衰えて水晶体の厚さをコントロールする力が弱まり、さらに水晶体自体も柔軟性を失い固くなっていきます。そのため近くを見るときに水晶体は十分厚くなることができず、近くがぼやけて見えるようになってしまうのです。老眼の初期には目が疲れやすくなったり暗いところでよく見えなくなったり、あるいは頭痛や肩こりといった症状が出ることもあります。また、遠くから近くへ、近くから遠くへ目を移したときにピントが合うまで少し時間がかかるようになるという症状もあります。このような症状を感じたら、無理せず目を休ませるように心がけたり、早めに眼科医の診察を受けたりすることが大切です。

Copyright© 2018 老眼の症状に悩まされる前に【定期的に眼科検診を受ける】 All Rights Reserved.