近くのものが見えにくい

本を読む女性

眼精疲労に注意

誰でも年を取ると眼の水晶体が老化して、ピントを調節する機能が衰えてきます。すると遠くのものは見えても近くのものが見えにくいとか、焦点を合わせるのに時間がかかるといった症状が現れはじめます。少し暗くなると視力が低下し、細かい字が読みにくいといった症状も見られます。これが老眼で、一般的には40歳ぐらいから自覚するようになります。老眼は自然な老化現象のひとつであり、老眼鏡をかける以外に治療する方法はありません。最近ではパソコンやスマートフォンで眼を酷使する機会が多いためか、もっと早くから老眼の症状が現れる方もいます。いわゆるスマホ老眼で、20代で眼科医を受診するケースも増加しています。近眼の方でもメガネをかけた状態では、近くのものを見にくくなります。ただし近眼用のメガネを外すと見えるため、老眼の症状に気づきにくいかもしれません。近眼で老眼の方は遠近両用レンズで視力を矯正することになります。老眼で見えにくい状態を放置していると、知らず知らずのうちに眼精疲労が溜まるので注意が必要です。眼精疲労は頭痛や肩こりなど、さまざまな体調不良の原因になります。これらは直接的な症状ではありませんが、たかが老眼と甘く見ないで、きっちりと対処することが大切です。また白内障や緑内障など、老眼以外の病気で視力が低下する場合もあります。万が一手遅れになると危険なので、見えにくいと感じたら早めに眼科医を受診しましょう。

Copyright© 2018 老眼の症状に悩まされる前に【定期的に眼科検診を受ける】 All Rights Reserved.