メガネ

加齢による目の変化

老眼とは、目の中でレンズの役目を果たす水晶体が加齢によって厚みを調節できなくなり、近くのものがぼやけて見えるようになる現象です。40歳頃から始まり、初期症状としては目の疲れやピントが調節しにくいといったものがあります。

詳しく見る

本を読む女性

近くのものが見えにくい

老眼の症状には近くのものが見えにくい、暗い場所で視力が低下する、ピント合わせに時間がかかる等があります。また老眼による眼精疲労が頭痛や肩こりの原因になる場合もあります。最近では若年性の老眼も増えています。

詳しく見る

女性

快適な視野を保つ

老眼の対策として眼鏡や遠近両用コンタクトなどがありますが、それ以外に、治療法としてモノビジョンレーシックと多焦点眼内レンズがあります。これらは年齢や症状、ライフスタイルにより適切に選ぶ必要があるので、よく専門医と相談しましょう。

詳しく見る

メガネ

近くが見えにくくなる前に

老眼は近くが見えにくくなるという症状で、加齢と共にだれにでもやってくるものです。食生活に目に良い食材を取り入れたり、目のトレーニングをすることにより、老眼予防や、老眼の進行を遅らせる事につながります。

詳しく見る

男性

見えにくいと感じたら

老眼予防も大切ですが、老眼の症状を感じたら、早めに眼科で診察を受けましょう。視力低下の症状には、思わぬ病気が隠れていることもあります。肩こりや頭痛なども引き起こす場合がありますので、自分の視力に合った老眼鏡を作ることが大切です。

詳しく見る

どんなふうになるのか

男性

予防につとめてみよう

老眼は若い世代でも起こるようになってきているため、いち早く知るためにもどんな症状が起こるのか調べておくといいかもしれません。老眼の症状を把握していれば、いざという時すぐに対処できることでしょう。もしかしたら老眼かもしれないと症状から感じ取ることができるかもしれません。まず、よく言われているのは視力が落ちるという点です。単純に目が悪くなっただけということもありますが、これが老眼かもしれないのですぐに眼科を受診して調べてもらいましょう。それから、小さな字が読めなくなってしまうこともあります。今まではスラスラと読めていたものが見えにくくなってしまうのです。新聞や本を読む時に気づくことがあります。これも単純に視力低下かもしれないので、まずは眼科で調べてみましょう。他には何となく日常生活がしにくくなったということも症状の一つに挙げられます。これは目が見えにくくなったことで日常生活に支障が出てしまうのです。いずれにしても、ある程度の年齢になったら、定期的に眼科検診を受けることをおすすめします。定期的に眼科検診を受けることによって、いち早く老眼に気づけるかもしれません。早期発見による早期治療ができるため、眼科受診は必須と言えるでしょう。通常、40代になったら起こりやすいと言われています。会社の健康診断で眼科検診が含まれているのなら問題ありませんが、会社勤めをしていない人などは個人的に眼科検診を受けてみましょう。

Copyright© 2018 老眼の症状に悩まされる前に【定期的に眼科検診を受ける】 All Rights Reserved.